中古車には新車にない魅力もある


車の購入に当たって、新車にするのか中古車にするのかで迷うことも多いのではないでしょうか。

新車と中古車の違いを一言で言うと、新車はまだ誰も使ってない車で、中古車はすでに誰かが使ったあとに手放した車ということになります。

こんなことは極当たり前のことで、中古車にするか新車にするかで悩む人もそんなことは百も承知だと思います。

たとえば、新車の方が気分よく乗れる、でも購入金額が高い。

中古車はリーズナブルに購入できるのはいいが、でも前の所有者がどのような使い方をしていたのかが気になる、といったような葛藤でしょうか。

新車は中古車に比べて値段が高いのは当たり前のことですが、綺麗さと購入金額だけが両者の違いだとは限りません。

車を選ぶときに、まずはどの車種にするのかを決めるのが普通ですが、そのお気に入りの車種が新車で購入できるのか中古車しかないのかがまず最初のポイントになります。

そもそも、多くの種類が用意されいて選択の幅が広いのは圧倒的に中古車の方です。

一見、新商品のほうがたくさんの種類があってそれを選択できるように思えますが、殊に車の場合はディーラーが多くの在庫を抱えることを避けるため受注生産という形をとるので、車種によっては納車にかなりの期間を要する場合もあります。

つまり新型車でない限り、現実的には中古車の方が弾数が圧倒的に多く、お目当ての車に出会える確率は中古車の方が高いということになります。

発売直後の新型車を買うと決めているなら、もちろん新車を購入するしかないのですが、そうでない場合は中古車も視野に入れてみることは賢明な選択だと思います。

中古車市場にはたくさんの車種の車が溢れ、中には前のユーザーがカスタマイズした車も結構あるものです。

自分の好みにカスタマイズされた車が見つかった場合など、新車にはない喜びを味わえたりします。

特にネットでの中古車販売が登場してからは、自分で足を運ばなくても膨大な数の中古車の中からお目当てのものを探し出すことができるようになりました。

言ってみれば中古車の場合、市場全体がお目当ての目玉商品を探し当てる宝探しの場になっているような感覚ではないでしょうか。

特にネットでの中古車販売が登場してからは、自分で足を運ばなくても膨大な数の中古車の中からお目当てのものを探し出すことができるようになりました。

バブル崩壊後中古車市場が活況化したといわれていますが、ネットで中古車探しをできるようになったことも中古車市場を活発にした一要因ではないかと思います。

また中古車市場が活発だということは、リサイクルが進められているということでエコロジーの観点からも結構なことだと思います。

10年、10万キロになったら廃車というのは世界の中で日本だけだそうですが、中古車の楽しみが広がればこのような贅沢ともいえる日本の車のリサイクルの姿も少しずつ良い方へ向かうのではないでしょうか。

中でも中古車の人気が抜群な軽自動車の近年の売れ行きが、中古車市場を一層活発にしているようです。

この傾向が続けば、国内の車全体に占める軽自動車の割合が5割に迫ってくるのかも知れませんね。

新車販売ではすでに4割を超えていますし、全体でもほぼ4割に近づいているようです。

世界で日本だけの規格の軽自動車は、今その本当の価値が求められつつあるということでしょうか。